グラクソ・スミスクライン健康保険組合

グラクソ・スミスクライン健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

GSK判定基準と受診状況確認票

GSK判定基準

健診結果の判定や基準は、医療機関により様々であることから、GSK健保では判定を統一するためにGSK基準(本社産業医松尾先生監修)を設けています。この基準に基づき、皆さまの健診結果をレベル1から4までに区分けしリスク管理をおこなっています。

GSK判定基準

また、レベルごとにリスクの程度を「状態」として表すことにより、ご自身の健康状態にどの程度のリスクがあるかを意識していただくためのものでもあります。

レベル1 (危険) いつ倒れてもおかしくない非常に危険を伴う状態
レベル2 (厳重注意) 突然倒れる危険性がないよう厳重注意が必要な状態
レベル3 (注意) 生活習慣における注意および改善の努力を必要とする状態
レベル4 (努力) 生活習慣における改善の努力を必要とする状態

この判定は経年的に管理し、改善した方にはGSKポイントを付与しています。

受診状況確認票

健康診断の結果「要治療」の判定にも関わらず「未治療」の方に対し、早期に受診頂くことを目的として、受診のお願いとともに、適切な治療(治療の中断や専門外での受診)をされているかを把握するために「受診状況確認票」を送付しています。
重症化予防のためには早期治療、そして治療を継続しても改善が見られない場合は専門医への受診が大切です。健診受診後2~3ヵ月頃、該当された方にのみ発送いたしますので、お手元に届きましたら、速やかに受診および経過をご記入のうえ、GSK健保までご返信いただけますようお願いたします。

受診状況確認票送付について(A4, 132KB)

【要提出】受診状況確認票(A4, 20KB)

【記入例】受診状況確認票(A4, 241KB)

選定基準

GSK基準「レベル1」又は「レベル2」に1つでも該当する項目のある方

  • ※この通知にもとづく受診費用は保険診療扱いとなります。
  • ※この事業は、(株)イーウェルに委託して実施しています。

ページ先頭へ戻る